外壁塗装と建物の評価

外壁塗装と建物の評価

日本の住宅が、メンテナンスをしっかりしないのは、
中古住宅の評価が25年で0になってしまうからだと言われています。

外壁塗装や屋根塗装を行い、外部のメンテナンスにお金を掛けても、
中古住宅の評価が上がらないことから、
メンテナンスがにお金を掛けなくなっていると言われています。

住宅メーカー10社で作る、スムストックの場合は、
外壁塗装やバルコニーの防水工事、防蟻工事を行うと
評価が上がる仕組みになっています。

見た目は、変わりますが、住心地はあまり変わらない外壁塗装。
鉄骨系住宅のセラミック製バネルの場合、
塗装をすることで、耐用年数は伸びません。

美観の向上は、大きく影響します。
中古住宅を売却した経験、購入した経験からすると、
外部の美観は、気になる部分です。

外壁塗装・屋根塗装を行うことで、
築年数がある程度経過していても、綺麗な住宅が建ち並ぶ街。
街並み全体で、塗装工事を行えば、
15年、20年経っても、綺麗な街並みが維持出来ます。

訪れる中古住宅の資産化時代
訪れる中古住宅の資産化時代 住宅の価値がメンテナンスによって大きく変わるなら、 予防的な修繕、問題が起こる前の手直しが主流になります。 外壁塗装・屋根塗装は、中古住宅の資産化時代には、 真っ先に優先するメンテナンスになります。 問題が起き
分譲マンションの外壁
分譲マンションの外壁 戸建住宅に比べ耐用年数が長いと言われているマンション。 分譲マンションの場合、タイル貼りの外壁を採用しているケースが多く、 外壁自体のメンテナンスが、ほとんど必要のないケースがあります。 それでも、鉄部がまったく無いわけで
築30年のアパート外壁塗装済み
築30年のアパート外壁塗装済み 火災保険の更新時期を迎えた建物を見に行きました。 築30年の3階建てのアパートです。 ALC外壁を使ったアパートでしたが、 外壁塗装をツートンカラーで行っており、 古さを感じませんでした。 アパートの場合
外壁塗装のタイミングと建物評価
外壁塗装のタイミングと建物評価 住宅メーカー系のセラミックパネルの場合、 外壁の塗装面の劣化が進んでも、セラミックパネル自体の劣化は 進みません。塗膜がチョーキング現象を起こしても、 セラミックパネル自体が水を通したりすることはありません。 基本
外壁塗装と建物評価
外壁塗装と建物評価 住宅の価値がメンテナンスによって大きく変わるなら、 予防的な修繕、問題が起こる前の手直しが主流になり、 それだけで住宅の耐用年数が大きく伸びることにつながる。 中古住宅市場が大きく変わろうとしています。 マンションでは
外壁塗装をすると建物の評価が上がるのか
外壁塗装をすると建物の評価が上がるのか 外壁塗装や屋根塗装を行うと、建物の評価は上がるのでしょうか。 適切なメンテナンスを行うことで、 確実に建物の耐用年数は伸びます。 中古住宅市場での建物の評価はどうでしょうか。 スムストック査定では、
中古住宅性能表示制度
中古住宅性能表示制度 中古住宅の健康診断を導入することで、所有者は住宅の価値を 落とさないように、建物の点検やメンテナンスに気を配るようになります。 50年間のメンテナンスプログラムに従って、 外壁塗装や屋根塗装を行うことで、住宅の寿命は格段と