外壁塗装と建物評価

外壁塗装と建物評価

住宅の価値がメンテナンスによって大きく変わるなら、
予防的な修繕、問題が起こる前の手直しが主流になり、
それだけで住宅の耐用年数が大きく伸びることにつながる。

中古住宅市場が大きく変わろうとしています。

マンションでは、新築物件より、中古物件の取引件数が超えました。
中古住宅の流通市場も大きく変わろうとしています。

外壁塗装・屋根塗装は、
物件によっては、大きく建物の耐用年数を伸ばす要素になります。
また、見た目も良くなることから、
外壁塗装をしてから、住む人も多くなります。

スムストック査定方式では、
リフォーム・性能向上工事加算として
工事金額が加算されて評価されます。
耐用年数は15年。
外壁塗装工事をしてから、15年間は
少しずつ下がっていきますが、工事費用が
査定金額にプラスされます。

掛けた費用と見合う金額で、売れるかどうか???
これは、分かりません。
外壁塗装をしていなければ、
まったく見向きもされないこともあります。

立地条件が悪ければ、
外壁塗装の有無も築年数も評価されない可能性もあります。

誰もが住みたいと考える立地であれば、
住まいのメンテナンスは欠かさず、
外壁塗装は、早めの対応で実施するのが良いと思います。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。