外壁塗装のタイミングと建物評価

外壁塗装のタイミングと建物評価

住宅メーカー系のセラミックパネルの場合、
外壁の塗装面の劣化が進んでも、セラミックパネル自体の劣化は
進みません。塗膜がチョーキング現象を起こしても、
セラミックパネル自体が水を通したりすることはありません。
基本的には、美観の維持になます。
汚れを高圧洗浄して落とし、色を塗り直します。

実際に劣化対策として必要なのは、外壁目地工事になります。
シーリング処理されている部分は、劣化するので、
20年を目処にメンテナンスする必要があります。

材料自体は高いものではありませんが、足場と作業人工が掛かります。
塗装はしなくても、目地工事は必要になります。

足場を掛ける必要があるので、同時に外壁塗装・屋根塗装を
行うのが良いと思います。

屋根材は瓦を使用している場合は、鉄部の塗装と洗浄だけで大丈夫なので、
20年を目安でも大丈夫ですが、少し早めの実施が良いです。

カラーベスト等のスレート材の場合、材料自体が劣化するので、
塗装するのであれば早めが良く、15年以内に行うことが良いとされています。
それにより先の場合は、スレート材の上にカバールーフを載せる方法のほうが
良いとされています。

費用は掛かりますが、ヌリカエより、良い方法になります。

どちらの材料を使っている場合でも、
15年~20年が、一つの目安になります。

この時点で、メンテナンスを入れることが、
建物の評価にとってプラスになります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。