訪れる中古住宅の資産化時代

訪れる中古住宅の資産化時代

住宅の価値がメンテナンスによって大きく変わるなら、
予防的な修繕、問題が起こる前の手直しが主流になります。

外壁塗装・屋根塗装は、中古住宅の資産化時代には、
真っ先に優先するメンテナンスになります。

問題が起きる前にメンテナンスすることで、
住宅の耐用年数が大きく伸びることになります。

外壁塗装・屋根塗装のメンテナンスをしっかり行うことで、
中古住宅の流通市場においても、
正当な価格で売却出来るようになります。

正当な価格で売却出来ると、
個人のライフスタイルゃライフサイクルに合わせた
住み替えが用意に出来るようになります。

私自身、戸建て住宅を売却して、二世帯住宅への住み替えを行っています。

外壁塗装や屋根塗装をする時期でしたが、
買主の方に見積もりを渡して、引き渡しをしています。

しっかり、資産として機能するなら、
若いうちに購入しても、老後に建て替える必要もないし、
住み替える時も、正当な価格売れます。

資産性を高めて行く為には、まずはしっかりメンテナンス。
外壁塗装・屋根塗装は、出来るだけ早め。
不具合の兆候が出ないうちに、実施するのが良いのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。