光触媒サイディング

光触媒サイディング

光触媒塗料は、次世代塗料として登場しました。

酸化チタンをコーテイングすることで
紫外線の力で汚れを分解し浮かせ、雨で洗い流すことが出来ます。

つまり、
自然の力で汚れを落とすことが出来ます



築10年の建物。
日があたっている側が南面です。
この部分は、光触媒の力が発揮されていて、
とても綺麗な状態です。

手前側の門扉のブロックの黒ずみを見ると
年数経過で、どのように汚れるか??
分かると思います。

耐用年数
メーカーは20年程度の考えているようです。
耐用年数の半分の10年を経過しましたが、
充分な性能を発揮しています。

新築時に最初から光触媒を施しているサイディングは、
驚くほど綺麗な状態のものが多いそうです。

工場でサイディングに綺麗に吹き付けてあることで、
塗料の効果が十分に発揮しています。

問題点は、
コーキング部分の劣化
現場補修でタッチアップ部分の色あせ

現場で再塗装には向いていない


光触媒は低圧の吹付けを行うので、
現場では、風の影響や足場があったりで
均等に吹き付けることが難しいことです。

通常塗装が終わった後に、光触媒の塗装をするので、
人件費も材料費も余分に掛かります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。