建物外部調査

建物外部調査

平成28年4月。
メーカー系、リフォーム会社に建物外部調査をしていただき、
診断報告書をいただきました。

調査内容は、
経年に伴う劣化現象と劣化度を調査診断し、
建物の耐久性の維持向上に役立つ、適切な改修工事を
進める為に、実施していただきました。

外壁及び屋根材の調査診断を実施していただき、
劣化や不具合の状況を調べるとともに、
その原因及び、解決策を立案していただきました。
外壁についた廃棄ダクトからの汚れ
外壁についた廃棄ダクトからの汚れ 建物建築から、10年を過ぎてくると 建物外部への廃棄ダクトの周辺の汚れが目立ってきます。 汚れた空気を排出するので、仕方がない部分ですが、 道路側の目立つ場所に設置されていると、 気になる部分です。
金属部の錆の発生・腐食
金属部の錆の発生・腐食 外壁等に使われる仕上材として、 鉄やアルミ等の金属を使う場合があります。 金属部の劣化の主なものは錆になりますが、 錆が進行することによって、腐食が始まります。 腐食が進行してしまったね金属部分は、 撤去して交換すね
外壁が汚れる
外壁が汚れる 雨筋汚れ 外壁は、経年と共に 空気中の塵埃(ホコリ)が付着して汚れます。 その汚れが、雨によって流れ落ち 雨筋汚れとなって付着します。 生物汚染 ホコリの付着と同時に、外壁の仕上げ材の種類によって、 カビが発生
建物外部調査 調査方法
建物外部調査 調査方法 目視による方法 外壁等を目視で観察し、 浮き、ひび割れ、欠損の他 漏水や漏水跡の調査 シーリング材の劣化 仕上材の劣化などの有無や程度を調べる 必要に応じて、カメラ等の観測機器を使用 把握制度を高めて調査・診
外壁劣化の種類
外壁劣化の種類 外壁の主な劣化の種類 仕上材の風化(チョーキング) 紫外線の影響・降雨の影響により、 塗膜表面の樹脂が破壊された状態 手で触れるとチョークの粉のようなものが付着してきます。 チョーキングが進行すると風化と考えることができ
建物外部調査
建物外部調査 平成28年4月。 もう、半年近く前になります。 メーカー系、リフォーム会社に建物外部調査をしていただき、 診断報告書をいただきました。 建物を売却する予定だったので、 今後係ると思われる費用を概算で知るためです。 調査内