戸建て中古住宅購入

戸建て中古住宅購入

戸建て中古住宅を購入する場合、
外壁塗装等の外部メンテナンス費用を把握することは重要です。

外壁塗装を初め、設備の機器の更新の目安は15年です。

戸建て中古住宅の購入する場合、
メンテナンスが既に実施されている物件もありますが、
築15年を過ぎていても、実施されていないケースも多いのです。

築浅の物件を購入しても、新築に比べると、
早くメンテナンスの時期が来ます。

住んでいる時よりも、引越し前に
工事が完了している方が、面倒がありません。

築10年以上の物件を購入して、
こらから15年以上住むと考えているなら、
購入計画の最中で、外壁塗装の見積もりを取ることをお勧めします。
カラーベストの屋根材であれば、屋根塗装も同時に行います。
内装設備の更新、クロスの張替え等の費用を含めて、
住宅ローンの申請をするのが、良いと思います。

外壁塗装は築15年の時期
外壁塗装は築15年の時期 戸建て中古住宅を購入する時、外壁のメンテナンスが実施されているかどうかは重要です。 美観的な面での目安は、築15年程度とされています。 性能面では無く、あくまでも美観的な面です。 築15年ほどで、 外壁の塗装表面
中古住宅を購入して分かった事 外壁性能
中古住宅を購入して分かった事 外壁性能 築10年の戸建て中古住宅を購入して分かった事。 それは、外壁の性能です。 光触媒塗装の外壁が採用されているのですが、 南側の陽当りが良く、風が当たり、雨も流れる場所は、 外壁性能が充分に発揮され