中古住宅を購入して分かった事 外壁性能

中古住宅を購入して分かった事 外壁性能



築10年の戸建て中古住宅を購入して分かった事。
それは、外壁の性能です。

光触媒塗装の外壁が採用されているのですが、
南側の陽当りが良く、風が当たり、雨も流れる場所は、
外壁性能が充分に発揮されていて、
外壁の劣化が少ないのです。

新築当時の外壁を見ていないので、
はっきりしたことはわかりませんが、
築10年の外壁レベルがこれほど高いと思っていませんでした。

画像のような、室内からの換気設備の部分の汚れも
南側は、目立ちません。
北側は、陽当りが足らないのか。少し目立ってしまいます。

普段見るのは、南側の面なので、
非常に満足しています。

その分、目立ってしまうのが
外側を囲う、化粧ブロックとフェンスの汚れです。



フェンスに着いた汚れが、雨が降った時に流れて、
化粧ブロックを汚している状況です。

外壁と比べてしまうと、
汚れが目立ってしまうのです。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|