外壁塗装は築15年の時期

外壁塗装は築15年の時期

戸建て中古住宅を購入する時、外壁のメンテナンスが実施されているかどうかは重要です。

美観的な面での目安は、築15年程度とされています。
性能面では無く、あくまでも美観的な面です。

築15年ほどで、
外壁の塗装表面部分は、チョーキングが出始めます。



塗装塗膜が劣化して、粉を吹くような減少です。
紫外線に対する劣化で、南面の外壁がより影響が出ます。

写真の調査書は、築15年の物件です。


少し離れたところから写真で見ると、多少汚れや劣化は感じますが、
塗装をするのは、少し早いのでは感じますが、
塗膜の劣化はかなり進んだ状態です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。