外壁塗装は築10年、築15年、築20年

外壁塗装は築10年、築15年、築20年

外壁塗装の目安は築10年~築20年の間です。

塗装の実施時期については、悩むものです。
外壁の素材によりますが、20年を過ぎると、
明らかに劣化がひどくなります。

時期についての目安は、
屋根の素材によると考えています。

足場を掛ける関係上、出来れば同時期に実施したい、
外壁塗装と屋根塗装。

カラーベストの性能は、良くなっていますが、
瓦は長持ち。

瓦素材の屋根材であれば、外壁塗装は、
ある程度遅れても大丈夫です。

メーカー系住宅の場合は目地処理の時期に
外壁塗装・屋根塗装・目地処理を行うことになります。

カラーベストの劣化が目立つ15年手前が一つの塗装工事実施時期になります。

カラーベストのヌリカエは、15年をすぎると
断られる場合もあります。
5年程度の塗装の保証が難しくなるからです。
カラーベスト自体の劣化が進むと、塗装をしても
持たなくなるからです。

カラーベストの塗装を考えているなら、早めの実施が必要です。

カラーベストの場合は、傷みがひどくなった段階で
上にカバールーフをつける方法も最近は選ばれています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。