築20年 リフォーム

築20年 リフォーム

築20年の家の価値は、リフォームを実施とているかどうかで
大きく変わります。

メーカー系の
メンテナンスコストの低い建物でも、
リフォームの時期に来ています。

外壁は塗らなくても良いのですが、美観上のヌリカエは検討する必要があります。
外壁シーリングは、打ち替えの時期に来ています。

足場を架けることになるので、
同時に塗装工事を実施することが多くなります。

屋根材も瓦を使っている場合は、洗浄で大丈夫ですが、
棟包など、鉄部は塗装が必要になります。

木造の建物の場合や屋根材がカラーベストの場合
20年段階での塗装は遅い時期になります。
15年~20年の間に実施したいメンナンスです。


築20年の街並み見学
築20年の街並み見学 定期借地権分譲をしている場所を見学しました。 築20年くらいの建物が並んでいる場所です。 外壁をヌリカエた建物は数棟。 大半は、ヌリカエはしていない状況でした。 屋根材はカラーベストでしたが、 色飛びしている建物は